Red Print. ― Official Website ―



おかげさまで大好評のため特典付き先行チケット完売致しました!!





ONLINE SHOP. NEWS.







STAGE.




ACTRESS.










(Blue Print主宰)  JUN

  • 1989年ダンサーとして本格的な活動を開始。フジテレビ系「DANCE DANCE DANCE」“MEGA MIX”(現在のtrf)としてレギュラー及びゲスト出演。
  • 1992年、LAへダンス留学。米TV「SOUL TRAIN」など、現地のメディアにダンサーとして多数出演。
  • 1993年、CAPOEIRA修得のためブラジル留学。その後再びLAにて数々のダンスイベントに出演する傍ら、JAZZ、HIPHOP、HOUSE等、オールジャンルのダンスを修得。
  • 帰国後、日本に初めてカポエラを伝承し「CAPOEIRA JAPON」を発足。その後、SMAPなど有名アーティスト、「SMAP×SMAP」「笑っていいとも」や劇団SETなど演劇公演の振付を手掛ける。
  • プレーヤーとして数多くのメディア、舞台に出演している

PAST PRODUCTIONS.

PHOTO














PAST PRODUCTIONS.

VOICE



 お客様アンケート※一部抜粋



「 死神パレード~わかりました、彼女の魂を獲ってきます~ 」

死神パレード



◆2014年本公演
「 死神パレード~わかりました、彼女の魂を獲ってきます~ 」

働き始めて一度も人間の魂を獲ってきたことがない死神サリエル(kie/Yuffy)そんな
落ちこぼれの死神についに死神王デス(MIHO BROWN)からクビ宣告が下される。
クビを回避する条件は1つ。「絶対に死なない女」三橋ミカエル
(丸山恵美/キクチマリ)の魂を獲ってくること。サリエルは「絶対に死なない女」
に対抗するため「伝説の死神」四天王であるイザナミ(玉手沙織/satsuki)
オルクス(服部紗弥)、プルート(矢野祐子/NANAKO)
タナトス(CRAZY SHIZUKA)に協力を依頼する。

DANCE・DANCE・ASIA




「 DANCE・DANCE・ASIA ~クロッシング・ザ・ムーブメンツ~ 」

とある探偵事務所。
ここ暫く仕事依頼もなくダラダラと過ごしていると、そこに1本の電話が!!
久々の仕事依頼に心躍らせる一同。
電話に出た下っ端社員が何やら慌てふためいているがお気楽に喜ぶ
先輩社員達。
その直後に事務所に届いた1つのダンボール。 開けてみるとそれは
『じ.........時限爆弾!!??』
果たして社員達の運命は!?そして、その意外な結末とは、、、、

 in Jakarta.・ in Tokyo.


「DANCE・DANCE・ASIA」

 お客様アンケート※一部抜粋



「FRIDAY NIGHT SHOW DOWN ~女は全てを曝けだす~」

「FRIDAY NIGHT SHOW DOWN ~女は全てを曝けだす~」


ダンスショーに定評のあるキャバレー「SHOW DOWN」。
そのトップダンサーとして君臨していたマリコ(丸山恵美)は、ある金曜日の
ショーの後、何者かに襲われる。人生を嘆きながら意識を失っていくマリコの前に、
従者フギン(CRAZY SHIZUKA)を連れた神(玉手沙織)が現れ(お前はこのまま死ぬ。
だがその運命を変えられるとしたら、どうする?)神の力によって、少しだけ時間の戻った
控え室で目を覚ましたマリコ。その目にはいってきたのは、自分を殺した容疑者の可能性が高い
ダンサー仲間たち。マリコに男をとられたナーシャ(Yuffy)お金を借りているマミ(kie)、怪我のせいでトップの
座から降りたルイ(NANAKO)ミスが多くいじめていたメラ(suzuyaka)マリコに憧れて店に入ってきた
サーヤ(服部紗弥)。店長(MIHO BROWN)がやってきて、従業員のトヨ子(satsuki)とキヨ(キクチマリ)が
ショーの開始を呼びかける。一体マリコを殺したのは誰なのか。マリコは自分の運命を変えるために立ち上がる。

ハーレム125丁目 バーバーBROWN


田舎街に産まれ育った女子高生、田中みほ(MIHO BROWN)。
初めて家に同級生の鈴木(Kie)と菊地(キクチマリ)がやって来た。
田中には大きな夢、憧れがあった。それは世界のメグンセ(Meg)の様なスーパスターになること!
恥ずかしくて誰にも言えなかったコト(メグンセグッズ)を家にやって来た同級生2人に見つかり
馬鹿にされてしまう。そこへ田中母(玉手沙織)がおやつの時間だと2人をリビングへと呼び出す。
部屋に残った落ち込んでいる田中がメグンセの雑誌を手にとると…
めくるめくファンタジック時間空間、それこそが(ハーレム125丁目バーバーBROWN)になってしまう。
バーバーBROWNには母にそっくりなビックママと、鈴木と菊地にそっくりなキャサリンとキクッチー。
そこで田中はヘアースタイルを替えていくと共に本当の自分の気持ちや才能に気づく…
そこへメグンセがやって来た!
田中な夢が、叶う時。
それは夢だったのか、現実だったのか…

 お客様アンケート※一部抜粋


「ハーレム125丁目 バーバーBROWN」

CONTACT.